忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



職業適性検査には次のような種類があります。

?Y-G性格検査・・・正式な名称は「矢田部・ギルフォード性格検査」とい
          い、J.P.Guilfordらが開発した検査を矢田部達郎氏らが
          日本人向けに作り直した性格検査です。
          長所は、簡単に実施できること。
          短所は、受検者により回答を故意に歪曲できること。

  
?GAB(ギャブ)・・・これは幅広い職種を対象とした総合適性検査です。
          基礎学力以上に「知的能力」や「統率力」、「忍耐力」、
          「パーソナリティ」を重視する企業に多く活用されています。

  ※CAB(キャブ)は「コンピューター職適性診断テスト」で、現在あらゆる業種
   で活用されています。
  「知的能力」や「パーソナリティ」、「バイタリティ」、「忍耐力」などの9つ
  の項目から分析され、SEやプログラマーなどに必要な能力を診断し、その適正を
  予測する検査です。

?SPI・・・・・・・Synthetic Personality Inventoryの略で、総合人格評価のこと
          をいいます。
    現在数ある総合適性検査の中で、最も多くの企業に活用されています。
 
  ※SPIは能力適性検査と性格適性検査から成り立ち、2002年10月には大幅に
   改訂されSPI2となりました。

?その他
 ・その他の性格検査・・YG性格検査の他に、クレペリン、数研式M-G性格検査、
             CPIなどがあります。
 ・その他の総合適性検査・・CAREERVIEW、CETI、SAIなどがあります。


職業適性検査は、これまでに述べた以外にも色々な機関が開発しており、筆記形式の
他に、マークシートやWEB上での検査など、検査の形式も多種多様となっています。
PR
HOME
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]