忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



<テストセンター>についてみてみましょう。

SPI2の普及とともに人材・組織開発会社であるリクルートマネジメント
ソリューションズ社によって、テストセンターという仕組みは生み出されました。

この仕組みは、同社の用意したパソコンを常設した会場で適性検査を受検し、終
了と同時に採点され、即時に検査結果のメールが受検者に配信されるというもの
です。 テストセンターとなる会場は全国に設置されています。

この仕組みを利用すると、企業は採用における手間やコストを削減できるし、
受検者は各々の都合に合わせて、適性検査を受検することができるので、就職活
動において、企業も受検者も共に、有効に時間を使うことができます。

現在、多くの企業が、採用に重要な役割を担うこの画期的な仕組みを取り入れて
実施しています。

このテストセンターでは「適応型」テストを採用しています。
受検者の一問ごとの正誤に応じて、コンピューターが次の問題を選択するという
テストです。
受検者の能力レベルに最適な問題を選択して出題するので、精度の高い測定を行
うことができます。

自宅のパソコンで受検する「WEBテスト」では、他人のIDとパスワードを打
ち込めば受検が可能なため、本人以外の人間が受検するという不正行為も起こり
ました。しかし、このテストセンターの仕組みなら、そういう不正行為は防げま
す。
受検者は身分証明書を持参し、本人確認を行った上で、試験管の監視の元で受検
するため、不正行為のない適性検査が可能になりました。

このテストセンターを実施している企業は、実際に、業績が伸びているというデ
ータもあり、今後も実施する企業が増えると予想されます。
PR
HOME
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]