忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



SPIとは「Synthetic Personality Inventory」の略で、総合人事評価とい
う意味です。
「能力適性検査」と「性格適性検査」の二つから構成された形式で、現在最も多
くの企業で実施されている適性検査です。

SPIが2002年10月に大幅に改訂されたものが、「SPI2」です。
この改訂により、新傾向の問題が追加され、形式も一部変更されました。
これにより、今ではSPIは廃止され、代わりに「SPI2」が実施されていま
す。

SPIの能力適性検査は「言語能力検査=国語」「非言語能力検査=数学
」に分かれています。
「言語能力検査」では語彙の豊かさと文章を的確に理解する力を測定します。
「非言語能力検査」では数字の並べ替えや、図形の展開など言語以外の力を測定
します。これは、知識の量を問うのではなく、思考や判断、作業の速さ・正確さ
などを測定するものです。れべるは、中学から高校前半の教科書程度のレベルで
す。

練習を重ねることで、速く、正確に解けるようになります。

性格適性検査は、以下の4つの側面から測定されます。
「行動的側面」「意欲的側面」「情緒的側面」「性格類型」

「行動的側面の検査」では、社交的で行動的か、根気強いかなどを測定します。
「意欲的側面の検査」では、目標を持っているか、難問を活動的に解決する性質
          (やる気・意欲・活力)などを測定します。
「情緒的側面の検査」では、情緒的にどれくらい安定しているか、対人関係や
       組織への適応力など、周囲から観察できない内面を測定します。

※この3つの側面は「達成意欲」「自信性」などの13段階の尺度から選択する
形式になっています。

「性格的類型の検査」では興味関心の方向、ものの見方、環境との接し方、判
           断の仕方ななどについて測定します。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 再就職では、あなたの「即戦力」に磨きをかけましょう
再就職で、もっとも重視されるのが「即戦力」です。社会人経験のない、新卒入社ではありません。実務を...
URL 2009/10/02(Fri)01:48
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]