忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



現在、新卒採用の時に日本の多くの企業が適性検査を実施しています。
適性検査はどのような役割をになっているのでしょう。

採用活動は企業にとって、その将来を左右するとも言える重大な活動です。
多くの就職希望者の中から、企業の利益や名誉に貢献できる人材を見抜き、
採用することが求められます。

企業は様々な手段<書類選考、面接、論文など>で学生を総合的に判断し
ますが、その中の重要な手段の一つに適性検査があります。
学生を書類選考や面接だけで正確に把握することは難しい上、就職活動中
の学生は、意気込んだり、緊張したりして本来の姿や力を発揮できない場
合もよくあることです。

適性検査の役割をみてみましょう。
?他の手段<面接や書類選考>では測れない、人の潜在的な能力、性格的
な特性、企業の求める資質を持っているかを測定する役割があります。

?特に志望者が殺到する大企業などでは、採用試験以前に適性検査を行うこ
とによって、志望者を絞り込むという役割もあります。

適性検査には、受検者が企業に出向く必要のないWEBテストや、検査終了
時に即結果がメール配信されるテストセンターなどがよく利用されます。
適性検査は、「統計的な分析」や「心理学を根拠」としており、企業にとっ
てとても有効な判断材料になります。

?採用試験だけでなく人事異動や昇格など、適材適所を把握するという重要な役割
も果たしています。

適性検査で測定できる能力や性格特性は、20歳前後にはほぼ完成しおり、将
来にも大きな変化は起こらないとされています。ですから、この検査の結果は、
生涯を通じて適合する特性であると考えられています。
PR
HOME
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]