忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「適性検査」は、現在では「筆記試験」「面接」と並んで、就職試験の三点セット
として新卒採用を実施するほとんどの企業が欠かせないものだとして採用していま
す。
では、さかのぼってその歴史を見てみましょう。

人材の選抜を目的とした筆記試験は、古くは中国の官吏選抜試験である「科挙」
などがあります。

欧米では20世紀初頭に科学的な手法によって人物を測定する検査が開発
されていました。
同じころ日本でも心理学に基づいた職業適性や職業興味を測る検査が開発さ
れ、知能検査とともに普及し始めました。

1970年代以降には、民間企業で実施されるようになったとのことです。
時代は、バブルの崩壊や学歴偏重主義への批判の高まりなどで激変し、企業は
生き残りをかけてより有能な新卒学生を求めはじめました。
その様な企業のねニーズに応えるため、潜在能力を測る様々な適性検査が開発
され、現在に至るまでに内容やサービス等が多様化してきました。

現在では新卒学生の採用選考での適性検査の実施が、最も多くなっています。

近年では「WEB上での公募」が定着してきて、そてに伴い応募学生数も増加
しました。
選考業務の負荷を軽減する為にも、こうした適性検査は有効な手段なので、
今日まで発展してきたものと考えられます。

以前は、適性検査といえば筆記形式のみでしたが、今では「WEBテスト」と
呼ばれるインターネット上で検査を受ける方法があります。これは、多数の採
用希望者を扱う大手企業を中心に広く実施されています。

WEBテストには「自宅のパソコンで受検するケース」と、「会場に設置した
パソコンで受検するケース」がありますが、いずれにせよ企業側には効率のよ
い方法なので、今後も増えていくことが予想されます。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]