忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



かつて職業適性検査といえば、試験会場における筆記形式のもののみでしたが、
インターネットの普及により「WEBテスト」と呼ばれるネット上で受検可能な適正
検査が開発されました。それにより、これまでの検査の活用方法や選考の流れに
大きな変化が起きました。

現在、新卒採用をしている企業の6割以上が、既にこのWEBテストを導入している
と言われています。

企業にとって新卒採用は、とりわけ人手や時間、予算などがかかり、そこに制約
も多くあります。
例をあげれば、検査や試験の際の試験官、社外に選考会場を設ける場合にはその施
設利用料なども必要となってきます。
WEBテストを導入することにより試験官も選考会場も必要無くなり、企業にとっては
効率がよくなります。

反面、WEBテストは相手が見えないため、WEBテストを受検しているのが本人かど
うかきちんと確認することができないという問題点もあります。
また、WEBテストで不合格になった場合、受検者の納得感が得られないという点も
指摘されています。

WEBテストは自宅で受検できるため、受検者にも効率がよく、案外油断されがちで
です。しかし、企業はWEBテストで応募者を絞込む場合が多く、またWEBテストの通過者が
2割程度というような難関になる場合もあります。
事前に十分な準備をしてWEBテストを受けることが望ましいでしょう。

WEBテストにも様々な種類があります。
玉手箱、TG-WEB、WEB-CAB、リクルーティングウィザード、WEB-IMR、SPI2のテストセン
ター、WEBテスティングサービスなどが多くの企業で採用されています。
PR
HOME
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]