忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



適性検査とは、それぞれの職業や学科にどれくらい適した素質を持っているか
を客観的に判断するために行うものです。
特に面接では把握しにくい個人の資質、知能や学力、性格の特性、運動能力など
様々な要素を組み合わせて検査を行い、これを科学的、客観的に測定することに
より受検者の適性を調べるのが目的です。

適性検査は、現在の日本においては、進学時や企業での就職活動や転職の時、会
社内の昇進試験の時などに多くの企業に取り入れられています。

さまざまな機関や業者から適性検査は出されていますが、それらは心理学者らの
人格理論に基づいて開発されているものが多く、測定結果にはある程度の信頼性
・妥当性が得られています。

また適性検査の中でも、特に職業を決める前に行う「職業適性検査」は、受検者
をいろいろな角度から測定し、結果からその人の傾向を分析して、同じ傾向の人
間が多い職業を知り、受検者が検討する機会を得るという意味があります。
つまり、これはアドバイス的なもので、受検者に向いている職業を特定するもの
では決してありません。しかし、どのような職業に受け入れられやすい性質なの
かを知るという点では大変有効なものでしょう。

適性検査の内容は、取り扱う業者により違ってきますが、一般的には「国語」
「数学」「一般常識」「性格」などの項目より出題されます。


採用試験では、企業は面接だけで個人の性格を正確に見抜くことは困難です。
また、志願者が多い企業では、面接の前の適性検査によって適性のある志願者だけ
に絞り込むこともできます。それに加えて一般常識や国語、数学などの学力を測る
こともできるという利点があります。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 適性検査 GATB
一般的に採用選考では適性検査や筆記試験により本人の学力や能力を測定し、面接で人柄や対人能力をとらえ合否を決定します。 その中でも本人の適性を測るためにかかせないプロセスとして適性検査があります。 職業適性検査の代表的なものの一つにアメリカ労働省が開発したGATB(General Aptitude...
URL 2008/04/17(Thu)13:58
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]