忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



適性検査SPI2は、多くの企業の就職試験に実施されているので、就職活動の
第一関門といえるでしょう。

事前に準備することで、ほとんどの人がクリアできる試験です。

SPI2は「適性テスト」と「能力テスト」からなります。

「適性テスト」は受検者の人物像を明らかにするためのものなので、直感で正直
に答えることが大切です。
採用者への印象を考えて、偽りの回答をすることは検査の趣旨に沿わないばかり
か、心理学に基づいて性格を分類しているため、偽りの回答が他の回答との矛盾
を起こすことにもなりかねません。

例えば「生まれてから一度も嘘をついたことがないですか?」という質問に「イ
エス」の回答をすると「虚偽性あり」の烙印を押されて100%不合格になるな
どです。

性格適性は合否を判定するものではなく、企業や職種の求める資質に適合してい
るかを判断する検査であることを認識しましょう。

一方、能力検査には「言語能力」と「非言語能力」があります。

言語問題では、長文を早く読めること、語彙を増やすことが有効な対策です。
また問題を解くコツをつかむことも、有効な対策となります。
それには、練習問題によってコツをつかむことが必要です。

非言語問題では、沢山の問題パターンとその最速解答方法をつかむことです。
これも練習問題を繰り返し解き、最速の解答方法を記憶します。
問題数が多いので、一番得点差のできる部分です。当然、高得点を取る人ほど採
用の可能性が高くなります。
内容自体はそれほど難しくないので、事前に十分に練習して問題に慣れることで
スピードがUPし、正確に解けるようになります。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 適性検査 GATB
一般的に採用選考では適性検査や筆記試験により本人の学力や能力を測定し、面接で人柄や対人能力をとらえ合否を決定します。 その中でも本人の適性を測るためにかかせないプロセスとして適性検査があります。 職業適性検査の代表的なものの一つにアメリカ労働省が開発したGATB(General Aptitude...
URL 2008/04/17(Thu)13:58
HOMENext ≫
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]