忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



新卒採用時に広く実施されている適性検査には、「Y-G性格検査」というのもあ
ります。
Y-G性格検査の正式には「矢田部・ギルフォード性格検査」といいます。
アメリカのJ.P.Guilfordが考案した検査に基本として、矢田部達郎氏らが日本
向けに検査項目を研究して作り直した「質問紙法」の性格検査です。

「質問紙法」とは、検査者が質問を読み上げ、受検者に強制的に回答させる方法
の事をいいます。
この方法を採ると、各自が質問を読んで回答するのに比べ、格段に正確な受検者
の性格を引き出せるとされています。

この「Y-G性格検査」は、新卒採用時だけでなく、配置転換や昇格などの人事管
理の方法としても活用されています。

この検査は、日常的にみられる個人の特性を12尺度に分類し、その特性ごとに
10問ずつ、計120の質問項目から構成されます。
例をあげれば、「人の世話が好きである」という質問に
「はい」「いいえ」「どちらでもない」の3つの選択肢から自分の性格に合うもの
を選び、回答欄に印刷された○印、×印、△印をなぞって回答します。

質問の回答は数字化され、グラフ化することにより、下の5つのタイプに分類さ
れます。
A.平均型 
B.不安定積極型 
C.安定消極型 
D.安定積極型 
E.不安定消極型
上記のタイプに当てはまらない場合には、準型、混合型と判定されることになり
ます。

このY-G性格検査は、簡単に実施できるというメリットがある反面、受検者により故意
に回答を歪曲されることがあるというデメリットもあります。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]