忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



適性検査などは、日頃受検する機会が少ないものです。
事前に対策をたてて臨めば、適性能力を正確に発揮し、自分真価を正しく相手に
伝えることができるようになってきます。

まず、「慣れる」が一番の対策です。
志望する企業が実施する適性検査の情報を手に入れたら、、対策本や問題集など
出来るだけ沢山の問題を解いて、出題の傾向・回答の仕方・出題パターン等をつ
かんでおきます。
「慣れる」ことで当日の検査では、緊張がほぐれ、自己の本来の能力を発揮でき
るということです。

SPIの能力適性検査は問題数も多く、また得点差の一番できる部分ものでもあ
ります。
事前に十分に練習し、「慣れる」ことでスピードがUPし、正確に解けるようにな
ります。

性格適性検査では「直感で正直に答える」ということが大切になってきます。
採用者への印象を良くしようと偽った回答をすることは、検査の趣旨に沿わない
し、心理学に基づいて性格を分類しているため、偽りの回答が他の回答との矛盾
を起こしかねません。

性格適性は合格不合格を判定するものではなく、企業や職種の求める資質に適合
するかかどうかを判断する検査であることを理解しましょう。

WEBテストは、テストの種類によって形式や問題が違うし、新しい種類のテス
トも続々と開発されているので、対策本などは、最新の情報を入手するようにし
ましょう。

WEBテストは多くの問題のストックから出題されるので、出来るだけ沢山の問
題を解くことが得点に結びつきます。

沢山の適性検査の対策本が出ていますが、情報が最新のものかどうかに注意して
選びましょう。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]