忍者ブログ
就職や仕事の適性検査は?SPI、Y-G性格検査、クレペリン、ほかWEBテスト、テストセンターについて対策法は?


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



適性検査は、採用選考で多くの企業に実施されていますが、その種類によって検
査内容もかなり違っています。

その内容は様々ですが、一般的に心理、パーソナリティ、能力、適性、学力、性
格、知能、興味の検査に区分できます。

「心理検査」とは心理学的な手法に基づき開発された検査のことです。
精神障害の診断の基になる臨床用テストとしてよく用いられます。

「パーソナリティ検査」は能力を含む、個性を測定する検査のことです。
多くの場合、性格的側面を測定する検査として用いられます。

「能力検査」は、知識や学力を測定する検査のことです。通常、知的能力を測定
 する色々な検査を示しています。

「適性検査」とは、一般適性検査から特定の職種に対する適性検査にいたるまで、幅
 広く職務と関連づいた検査のことをいいます。
 また、人事で用いられる心理学検査の総称としても用いられています。

「学力検査」は、特定の学問の知識や技能の多少を測定する検査のことです。

「性格検査」は、一般的な性格の特性を測定する検査のことです。
 臨床用には「心理テスト」というのが、同じ意味で使われてることもあります。

「知能検査」は知能因子を定義した上で、それを純粋に抽出し測定する検査です。
 職務との関連性よりは診断そのものに主眼がおかれています。

「興味検査」は複数の職業に対する興味の度合いを測定する検査です。

実施される適性検査が、どの部分を測定するものであるかは、利用目的や企業の採
用基準などによって異なっています。ですから、それぞれに必要な検査内容の組み
込まれた適性検査が行われることになります。
PR
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 適正検査~就職仕事の面接 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]